“インターネット” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果

デジタルサイネージ事例比較11選

これまで事例集記事part1~6で様々な事例を紹介してきましたが、それらで取り上げたものや、その他の事例を一つの記事にまとめます。この記事を参考にしながら、「このような目的でデジタルサイネージを使おう」「こんな使い方あるのか」と新たな発見があれば幸いです。使用機器の形態に分けてご紹介していきます。 目次 店舗・テナント内で商品および自社のイメージアップ駐車場の出庫待合室情報掲示板動物病院内での情報…

デジタルサイネージの電気代は月々いくら?ランニングコストを徹底解説!

デジタルサイネージを導入するにあたって気になるのは、電気代をはじめとするランニングコストではないでしょうか。 導入にかかる初期費用はイメージできても、「結局のところ、継続的にいくらかかるのか」という部分が分かりづらいために、新規の導入に不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。 本記事では、デジタルサイネージ運用でかかるランニングコストの全体像と内訳、その大まかな目安を、具体的な金額を用いてお伝…

【運用担当者必見】デジタルサイネージの故障の種類と対処法

デジタルサイネージを運用していると、しばしば「故障かも?」と思うような不具合が生じることがあります。デジタルサイネージにも、他の電化製品と同じように耐用年数があるため、利用期間が長くなってくれば機器の不具合は避けられないものになります。 しかし、単なる「機器の経年劣化」だけが故障や不具合の原因ではありません。 本記事は、運用しているデジタルサイネージに不具合が生じてしまった利用者の方に向け、 業者…

【最新版】知っておきたい!無料で手軽な安否確認ツール5選!

  いつ自分、または自分の大切な人の身に災害が降りかかるかわかりません。 そんな時、まず第一に気がかりなのは、家族、親戚、知人の安否情報ではないでしょうか? しかし災害後はインフラが崩壊していることもあり、正確な情報を入手することは容易ではありません。 ましてや、家族や友人などの特定された個人の安否を確かめることは非常に困難となっています。 実際、東日本大震災の時には、多くの人が携帯電話…

【最新版】安否確認は電話よりアプリ!絶対オススメな5つの理由!

  近年、地球温暖化による異常気象や地震活動の活発化など、数多くの災害が日本列島を襲っています。 多くの人が防災に対する意識が高まっているのではないでしょうか。 しかし、災害に備えたいけど具体的に何から初めれば良いか分からない、という声をよく耳にします。 防災対策といっても、家の中の安全対策や備蓄品の準備など様々なものがあります。 その中で、忘れがちなのが「安否確認の方法を決める」ことです! 安否…

格安SIMで「クラウド型サイネージ」を安く導入!低コスト運用のススメ

インターネットを用いることで複数拠点のコンテンツを一括で管理できるクラウド型デジタルサイネージ。近年スマートフォンなどでも利用が拡大している「格安SIM」を使うことで、以前よりも低価格で導入することが可能になっています。 本記事では、 オンプレミス型からクラウド型への移行を考えている コストを抑えた運用で、新規にデジタルサイネージを検討している といった方に向け、格安SIMを用いた低コストでのクラ…

デジタルサイネージを利用するならクラウド型?オンプレミス型?それぞれのメリット・デメリットと選び方を徹底解説!

デジタルサイネージの導入で迷っていませんか?デジタルサイネージにはクラウド型とオンプレミス型があると聞いたことはあるけれど、どちらを選ぶべきか悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。 この記事では、デジタルサイネージのクラウド型・オンプレミス型の特徴と、導入形態を決定する際の3つのポイントを解説していきます。 1.デジタルサイネージにおけるクラウド型・オンプレミス型とは? まず、デジタルサイネー…

【初心者必見】デジタルサイネージの動画コンテンツ作成における基礎知識を確認しよう!

デジタルサイネージで流す動画コンテンツを用意する方法としては、「業者に依頼する」もしくは「自分で作る」ことが考えられます。 業者に依頼すれば手間をかけることなく高品質なコンテンツを準備することができますが、その分どうしても費用がかかってしまいます。 近年は編集ソフトも高機能になっており、動画作成のハードルも下がっていることから、「簡単なコンテンツであれば自分で作成してしまいたい!」とお考えの方も多…

トイレの空き状況をリアルタイムに確認できる「トイレIoTシステム」の提供を開始

システムコンサルティング・システム開発を行う株式会社電縁(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤俊男、以下電縁)は、トイレにセンサーを設置してリアルタイムに個室の空き状況を確認できる「トイレIoTシステム」を2018年11月1日より販売開始したことをお知らせいたします。 また、第1弾として、住友電工情報システム株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:奈良橋 三郎)の本社5階に導入いたしまし…

多言語対応は必須?デジタルサイネージ導入前に知っておきたいポイント

年々増加の一途を辿る訪日外国人旅行者。 多くの外国人が日本を訪れる一方で、彼らが旅行中に困ったこととして、外国語が得意ではない日本人とのコミュニケーションの難しさや、多言語表示の少なさやわかりにくさを挙げています。 その課題を解決するひとつの手段として、多言語表示機能をもつデジタルサイネージの普及が図られています。 実際に街を歩けば、空港や駅、観光地の街角、商業施設などで英語や中国語、韓国語などの…
メニュー