“サイネージ ディスプレイ” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果

液晶ディスプレイ?LEDビジョン?それとも有機EL?デジタルサイネージに適したモニターを解説

ひとくちにデジタルサイネージといっても、ビルの壁面から小売店の商品棚まで、屋内外を問わずその大きさや設置場所は多岐にわたります。 また、文字、画像、写真、動画など表示されている内容もさまざまです。 そして、そんな多様化するデジタルサイネージの表現のニーズに応えているのが、モニター(表示器具)です。 液晶ディスプレイやLEDビジョン、有機EL、プロジェクターなど様々なタイプのモニターがデジタルサイネ…

ディスプレイで見るデジタルサイネージの違い3選!

近ごろよく耳にする「デジタルサイネージ」という用語ですが、それが一体どのようなものかご存知でしょうか?言葉の持つ響きから、なんだか複雑な機械を想像してしまう方も少なくないのではないでしょうか。 デジタルサイネージとはデジタル画面を使った看板のことで、既に私たちの身の回りのあらゆる場面で使われています。 新しい情報メディアとして広まりつつあるため、既に看板の候補として検討している方も多いかもしれませ…

電縁、日本ゼネラルフード株式会社の食堂運営受託先へメニューサイネージを導入             ~個別メニューにも対応したデジタルサイネージ~

システムコンサルティング・システム開発を行う株式会社電縁(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:渡辺真生、以下電縁)は、日本ゼネラルフード株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:西脇司、以下NGF)の食堂運営受託先へ電縁が提供する食堂に特化したパッケージ「メニューサイネージ」を導入したことをお知らせいたします。 コロナ禍の中、社員食堂では厳しい感染拡大防止策が求められており、ICTツールの導入…

高速道路サービスエリアのデジタルサイネージ事情   ~屋外サイネージ編~

高速道路のサービスエリアでは、以前からデジタルサイネージをよく見かけていましたが、最近では屋外・施設外にもデジタルサイネージを多く見かけるようになってきました。今回は高速道路のサービスエリアの屋外にあるデジタルサイネージについてご紹介してゆきます。 まずは屋外デジタルサイネージの機能面についてご紹介します。 ほんの5年前であれば屋外デジタルサイネージといえば、「故障しやすい」「ブラックアウトする」…

屋外専用デジタルサイネージ

屋外専用設計 高輝度 液晶ディスプレイ 防水・防塵・耐熱・耐衝撃 屋外設置型液晶デジタルサイネージはワンストップのデジタルサイネージ サイネージ・リレーション お問い合わせはこちら 株式会社電縁 IP65+耐久性×設置場所×高輝度液晶 電縁のSignageRelation製品は防塵・防水・耐衝撃・耐寒・耐熱など屋外専用設計の液晶デジタルサイネージ。 画面制作から現場設置までワンストップで対応します…

デジタルサイネージ事例比較11選

これまで事例集記事part1~6で様々な事例を紹介してきましたが、それらで取り上げたものや、その他の事例を一つの記事にまとめます。この記事を参考にしながら、「このような目的でデジタルサイネージを使おう」「こんな使い方あるのか」と新たな発見があれば幸いです。使用機器の形態に分けてご紹介していきます。 目次 店舗・テナント内で商品および自社のイメージアップ駐車場の出庫待合室情報掲示板動物病院内での情報…

【2019年 最新版】デジタルサイネージ海外事例3選まとめ【DSE】

デジタルサイネージソリューションに特化した世界で唯一の包括的な国際イベント、DSE(Digital Signage Expo)が今年もラスベガスで開催されました。 DSEの開催は今年で15回目となります。 毎年イベント内で発表される「APEXアワード」では、13カ国からの112の参加者の事例から合計12のカテゴリーごとにゴールド・シルバー・ブロンズのAPEX賞が、さらに全参加者のうち3つの事例に…

デジタルサイネージの電気代は月々いくら?ランニングコストを徹底解説!

デジタルサイネージを導入するにあたって気になるのは、電気代をはじめとするランニングコストではないでしょうか。 導入にかかる初期費用はイメージできても、「結局のところ、継続的にいくらかかるのか」という部分が分かりづらいために、新規の導入に不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。 本記事では、デジタルサイネージ運用でかかるランニングコストの全体像と内訳、その大まかな目安を、具体的な金額を用いてお伝…

【運用担当者必見】デジタルサイネージの故障の種類と対処法

デジタルサイネージを運用していると、しばしば「故障かも?」と思うような不具合が生じることがあります。デジタルサイネージにも、他の電化製品と同じように耐用年数があるため、利用期間が長くなってくれば機器の不具合は避けられないものになります。 しかし、単なる「機器の経年劣化」だけが故障や不具合の原因ではありません。 本記事は、運用しているデジタルサイネージに不具合が生じてしまった利用者の方に向け、 業者…

格安SIMで「クラウド型サイネージ」を安く導入!低コスト運用のススメ

インターネットを用いることで複数拠点のコンテンツを一括で管理できるクラウド型デジタルサイネージ。近年スマートフォンなどでも利用が拡大している「格安SIM」を使うことで、以前よりも低価格で導入することが可能になっています。 本記事では、 オンプレミス型からクラウド型への移行を考えている コストを抑えた運用で、新規にデジタルサイネージを検討している といった方に向け、格安SIMを用いた低コストでのクラ…
メニュー