“サイネージ 価格” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果

デジタルサイネージの運用にはいくらかかるの?低価格におさえるコツを伝授!

訴求力の高さに加え、ポスターなど紙媒体にかかるコストがカットできるなど、多くのメリットを享受できるデジタルサイネージ。 メリットが多いとはいえ、実際に導入するとなると、ある程度まとまった導入コストが必要になることは予想できるかと思います。 しかし、導入を検討されている企業様によっては、そもそもデジタルサイネージについて詳しく知らなかったり、効果が未知数であったり、といった理由で予算が低く設定されて…

デジタルサイネージの導入費用はどれくらい?価格をリサーチ!

デジタルサイネージは、ディスプレイの大きさや、付随する各機器の性能などによってその価格に大きく幅があります。 サイネージ市場には多くの会社があり、競争も活発ですが、似たような機器でも価格が事業者によって異なります。 また、多くの事業者はCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)と呼ばれるデジタルサイネージの放映スケジュールなどを管理するソフトウェアを自社で用意しており、それにより導入後の運用方法…

デジタルサイネージの電気代は月々いくら?ランニングコストを徹底解説!

デジタルサイネージを導入するにあたって気になるのは、電気代をはじめとするランニングコストではないでしょうか。 導入にかかる初期費用はイメージできても、「結局のところ、継続的にいくらかかるのか」という部分が分かりづらいために、新規の導入に不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。 本記事では、デジタルサイネージ運用でかかるランニングコストの全体像と内訳、その大まかな目安を、具体的な金額を用いてお伝…

格安SIMで「クラウド型サイネージ」を安く導入!低コスト運用のススメ

インターネットを用いることで複数拠点のコンテンツを一括で管理できるクラウド型デジタルサイネージ。近年スマートフォンなどでも利用が拡大している「格安SIM」を使うことで、以前よりも低価格で導入することが可能になっています。 本記事では、 オンプレミス型からクラウド型への移行を考えている コストを抑えた運用で、新規にデジタルサイネージを検討している といった方に向け、格安SIMを用いた低コストでのクラ…

コスト削減も可能に?注目のオープンソースサイネージ5選

Linux、Firefoxをはじめとするオープンソースプロジェクトは、社会を大きく変えています。 ソースが公開されていて世界中の誰もが開発や改良に参加することが可能なオープンソースソフトウェアは、不正や脆弱なプログラムがないか常に確認できるため信頼性が高く、システム間での連携やプラグインの開発・改良などに柔軟に対応できるという特徴を持ちます。 また、ライセンスの費用がかからないためコストが削減でき…

【2018年 最新版】デジタルサイネージ海外事例3選まとめ

デジタルサイネージの世界最大規模の展示会、DSE(Digital Signage Expo)が今年もラスベガスで開催されました。 今年で14回目の開催となるDSEでは、サイネージ技術の発展、イノベーションや産業への貢献という観点において優れた事例を表彰しています。 日本に限らず、世界的に支持を得ている海外の事例を知るにはまさにうってつけの場だと言えるでしょう。 2017年度の受賞作品を紹介した以前…

多言語対応は必須?デジタルサイネージ導入前に知っておきたいポイント

年々増加の一途を辿る訪日外国人旅行者。 多くの外国人が日本を訪れる一方で、彼らが旅行中に困ったこととして、外国語が得意ではない日本人とのコミュニケーションの難しさや、多言語表示の少なさやわかりにくさを挙げています。 その課題を解決するひとつの手段として、多言語表示機能をもつデジタルサイネージの普及が図られています。 実際に街を歩けば、空港や駅、観光地の街角、商業施設などで英語や中国語、韓国語などの…

屋外サイネージはどう選ぶ?失敗しないコツを紹介!

街を歩けば、あらゆる場所で、大小様々なデジタルサイネージを見かけます。 デジタルサイネージを活用することには、紙の媒体では得られないメリットがあり、近年すさまじい勢いで普及が進んでいます。 設置されている場所は屋内だけではありません。 ビルの壁面、店舗の外など、屋外でも多くのデジタルサイネージが活躍しています。 デジタルサイネージの導入を検討している方のなかには、屋内屋外の違いをあまり意識せず検討…

参考価格 受付完了

この度はお問い合わせくださいまして誠にありがとうございます。 以下のボタンをクリックすると料金プランに関する内容を閲覧することができます。 デジタルサイネージを導入するにあたっての。 ご参考価格をご紹介しています。是非ご覧下さい。 ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。 この資料を閲覧する→トップページへ戻る

まだまだ発展途上!街のスーパーで活用される生活密着型デジタルサイネージ

駅やショッピングビルといった街なか、電車やバス内、オフィスビルなどで目にするデジタルサイネージ。 朝起きてから通勤、通学、買い物という生活サイクルの中で、意識をしていなくても接します。 今回は、その中でも年代性別問わず、多くの人が日々立ち寄る「スーパーマーケット」という場所にフォーカスし、デジタルサイネージの活用状況や事例などをご紹介します。   ■スーパーにおけるデジタルサイネージの目…
メニュー