“サイネージ 外に設置” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果

デジタルサイネージの電気代は月々いくら?ランニングコストを徹底解説!

デジタルサイネージを導入するにあたって気になるのは、電気代をはじめとするランニングコストではないでしょうか。 導入にかかる初期費用はイメージできても、「結局のところ、継続的にいくらかかるのか」という部分が分かりづらいために、新規の導入に不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。 本記事では、デジタルサイネージ運用でかかるランニングコストの全体像と内訳、その大まかな目安を、具体的な金額を用いてお伝…

デジタルサイネージの設置工事で考えるべきこととは? 取り付け方法4種とそのメリット・デメリットを紹介!

デジタルサイネージを導入する際に注意すべきことの一つが設置工事です。 設置場所やその取り付け方法によって、工事の必要性(=工事による追加費用)の有無や得られる効果は異なります。 そのため、低コストで高い視認性・利便性を得られるというサイネージのメリットを最大限に発揮するためにも、用途に合わせて「どこに設置するか」「どのような方法で設置するか」を適切に決めることが重要となるのです。 今回はサイネージ…

屋外サイネージはどう選ぶ?失敗しないコツを紹介!

街を歩けば、あらゆる場所で、大小様々なデジタルサイネージを見かけます。 デジタルサイネージを活用することには、紙の媒体では得られないメリットがあり、近年すさまじい勢いで普及が進んでいます。 設置されている場所は屋内だけではありません。 ビルの壁面、店舗の外など、屋外でも多くのデジタルサイネージが活躍しています。 デジタルサイネージの導入を検討している方のなかには、屋内屋外の違いをあまり意識せず検討…

液晶ディスプレイ?LEDビジョン?それとも有機EL?デジタルサイネージに適したモニターを解説

ひとくちにデジタルサイネージといっても、ビルの壁面から小売店の商品棚まで、屋内外を問わずその大きさや設置場所は多岐にわたります。 また、文字、画像、写真、動画など表示されている内容もさまざまです。 そして、そんな多様化するデジタルサイネージの表現のニーズに応えているのが、モニター(表示器具)です。 液晶ディスプレイやLEDビジョン、有機EL、プロジェクターなど様々なタイプのモニターがデジタルサイネ…

デジタルサイネージを広告・販促に活かすには!~サイズやメリットを把握しよう

いま、デジタルサイネージが広告媒体として、とてつもない勢いでその数を増やしています。 デジタルサイネージは、従来の紙による広告媒体と異なり、動画やスライドショーなど画面に動きがつけられるため目を引きやすく、新たな広告メディアとして注目を浴びています。 しかし、ひとくちにデジタルサイネージといっても、その設置場所やディスプレイのサイズなどの要素によって、見た目や活用の用途は多種多様です。 いったいど…

タイプ別総整理!「仕組み」で比べるデジタルサイネージ3タイプ!

デジタルサイネージの導入に向けて比較検討する際に不可欠となるのが、比べるための軸を持つことです。 そんな比較軸の中でも、導入目的によらずに知っておくべきなのがデジタルサイネージの「仕組み」ではないでしょうか? 近年、従来の看板や紙のポスターなどに代わり街中のあらゆる場所で目にするようになったデジタルサイネージですが、一口にデジタルサイネージといっても、電車内、駅のコンコースの柱、病院の待合室、商業…

宣伝効果大!意外と知らない屋外でのサイネージの活用方法4種類!

デジタルサイネージ、いわば電子看板の利便性は現在急速に世の中に浸透しつつあります。明確な目的と効果を伴って情報を送り届ける手段として注目され、飲食店のメニューや大型商業施設の案内板、電車の中の天気予報や空港のフライト日程など、活用の場も広がっているため、みなさんも街中で一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? テレビ、パソコン、携帯電話に次ぐ第4のデジタルメディアとも呼ばれるデジタルサイネー…

ディスプレイで見るデジタルサイネージの違い3選!

近ごろよく耳にする「デジタルサイネージ」という用語ですが、それが一体どのようなものかご存知でしょうか?言葉の持つ響きから、なんだか複雑な機械を想像してしまう方も少なくないのではないでしょうか。 デジタルサイネージとはデジタル画面を使った看板のことで、既に私たちの身の回りのあらゆる場面で使われています。 新しい情報メディアとして広まりつつあるため、既に看板の候補として検討している方も多いかもしれませ…

デジタルサイネージの種類

デジタルサイネージの種類 デジタルサイネージには、技術的な要素によっていくつかの種類があります。それぞれの種類の特徴と利用形態を紹介していきます。 スタンドアロン型 スタンドアロン型の特徴 スタンドアロン(スタンドアローン)とは、デジタルサイネージ端末が単独で動作する状態を指します。 端末はネットワークに繋がっていませんので、端末のメンテナンスや各種設定の変更などは端末が設置されている場所へ行かな…

デジタルサイネージの三分類とメリットデメリット!あなたはどれを使いますか?

デジタルサイネージは、技術的な要素によってスタンドアロン型、ブロードキャスト型、インタラクティブ型の3つに分けられます。 今回は、それぞれの種類の特徴とおすすめの利用形態を紹介していきます。 各種類良い点も悪い点もあるので、自身がどのような状況で使いたいかを考え、適切なものを利用することが大切です。 ※2018年10月18日更新   1.スタンドアロン型 1-1.スタンドアロン型の特徴 …
メニュー