“テレビ” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果

ケーブルテレビ

ケーブルテレビでのデジタルサイネージ活用をご検討の方は、以下よりご希望のメニューをご選択ください。

高速道路サービスエリアのデジタルサイネージ事情   ~屋外サイネージ編~

高速道路のサービスエリアでは、以前からデジタルサイネージをよく見かけていましたが、最近では屋外・施設外にもデジタルサイネージを多く見かけるようになってきました。今回は高速道路のサービスエリアの屋外にあるデジタルサイネージについてご紹介してゆきます。 まずは屋外デジタルサイネージの機能面についてご紹介します。 ほんの5年前であれば屋外デジタルサイネージといえば、「故障しやすい」「ブラックアウトする」…

【地震前兆】知っておきたい巨大地震の前触れとは!

小さな地震が頻繁に起こると、多くの人の脳裏には大地震という文字がよぎるのではないでしょうか。 日本は地震大国なためいつ大地震が起きても不思議ではありません。 実際に数々の過去の大地震では、突然の地震に対応出来ず甚大な被害が出てしまいました。 つまり地震は予知することが出来ず、私たちはいつ来ても良いように備えることしかできないのです。 しかし、実は大地震の前には前兆と考えられる不可解な現象が数多く起…

【初心者必見】デジタルサイネージの動画コンテンツ作成における基礎知識を確認しよう!

デジタルサイネージで流す動画コンテンツを用意する方法としては、「業者に依頼する」もしくは「自分で作る」ことが考えられます。 業者に依頼すれば手間をかけることなく高品質なコンテンツを準備することができますが、その分どうしても費用がかかってしまいます。 近年は編集ソフトも高機能になっており、動画作成のハードルも下がっていることから、「簡単なコンテンツであれば自分で作成してしまいたい!」とお考えの方も多…

デジタルサイネージの運用にはいくらかかるの?低価格におさえるコツを伝授!

訴求力の高さに加え、ポスターなど紙媒体にかかるコストがカットできるなど、多くのメリットを享受できるデジタルサイネージ。 メリットが多いとはいえ、実際に導入するとなると、ある程度まとまった導入コストが必要になることは予想できるかと思います。 しかし、導入を検討されている企業様によっては、そもそもデジタルサイネージについて詳しく知らなかったり、効果が未知数であったり、といった理由で予算が低く設定されて…

屋外サイネージはどう選ぶ?失敗しないコツを紹介!

街を歩けば、あらゆる場所で、大小様々なデジタルサイネージを見かけます。 デジタルサイネージを活用することには、紙の媒体では得られないメリットがあり、近年すさまじい勢いで普及が進んでいます。 設置されている場所は屋内だけではありません。 ビルの壁面、店舗の外など、屋外でも多くのデジタルサイネージが活躍しています。 デジタルサイネージの導入を検討している方のなかには、屋内屋外の違いをあまり意識せず検討…

メーカー系デジタルサイネージ、どこが違うの?導入事例を徹底比較!

今回はディスプレイメーカー7社のデジタルサイネージについて、実績や導入事例を中心に見ていきたいと思います。 比較企業全てが十分なデジタルサイネージの機能を有しているものと考えられるため、実績の多さや導入事例の多様さを比較していくことで、各社のデジタルサイネージに対する思いが伝わってくるものと思います。 導入事例以外にも、それぞれの仕様や機能などの特徴もまとめていきます。   1.TOSH…

デジタルサイネージの本領発揮!駅での活用事例を紹介

「デジタルサイネージ」とはいったいどのようなものかご存知ですか? 首都圏において鉄道広告が、テレビやインターネットに次いで接触率の高い「マスメディア」であることをご存知ですか? JR東日本によると、「JR東日本1週間の延べ利用者数」は、なんと約9,400万人にものぼるそうです。 鉄道広告とは、電車の車両や駅に設置されている、ポスターや、中吊り、ステッカーなどを指します。 そのなかでデジタルサイネー…

デジタルサイネージとは?入門知識から展望まで基本をおさらい!

「デジタルサイネージ」とはいったいどのようなものかご存知ですか? ひとくちにデジタルサイネージといっても、説明しようとすると意外と複雑なものです。 今回はデジタルサイネージの基本的な仕組みやメリット、普及の歴史や今後の展望など、「デジタルサイネージとは?」というシンプルな問いへの答えをまとめました。 ※2019年6月13日更新 1.デジタルサイネージとは? 「デジタルサイネージ」とは、ディスプレイ…

デジタルサイネージの導入費用はどれくらい?価格をリサーチ!

デジタルサイネージは、ディスプレイの大きさや、付随する各機器の性能などによってその価格に大きく幅があります。 サイネージ市場には多くの会社があり、競争も活発ですが、似たような機器でも価格が事業者によって異なります。 また、多くの事業者はCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)と呼ばれるデジタルサイネージの放映スケジュールなどを管理するソフトウェアを自社で用意しており、それにより導入後の運用方法…
メニュー