“デジタルサイネージ システム” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果

新世代の集客システムとは!?6つの視点から見るデジタルサイネージと紙媒体の違い

デジタルサイネージとは、商業施設・交通機関・公共施設などの場所で、看板やポスターに代わり、ディスプレイやプロジェクターなどを使って映像や情報を発信する次世代のシステムのことです。 従来の看板では、タレントやキャラクターなどのイメージとともに訴えたい文章などを1枚のボードにすべて載せる必要がありましたが、デジタルサイネージでは、ディスプレイ端末にデジタル化されたコンテンツを表示することが可能です。 …

キャピタルメディカにデジタルサイネージシステム「サイネージ・リレーション」を提供 ~東札幌

システムコンサルティング・システム開発を行う株式会社電縁(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤俊男、以下電縁)は、株式会社キャピタルメディカ(本社:東京都港区、代表取締役:古川淳、以下キャピタルメディカ)が展開するタブレット端末を用いた患者やその家族向けの情報提供サービス「EUCALIA Touch(ユカリアタッチ)」に、電縁のデジタルサイネージシステム「サイネージ・リレーション」が採用された…

高速道路サービスエリアのデジタルサイネージ事情   ~屋外サイネージ編~

高速道路のサービスエリアでは、以前からデジタルサイネージをよく見かけていましたが、最近では屋外・施設外にもデジタルサイネージを多く見かけるようになってきました。今回は高速道路のサービスエリアの屋外にあるデジタルサイネージについてご紹介してゆきます。 まずは屋外デジタルサイネージの機能面についてご紹介します。 ほんの5年前であれば屋外デジタルサイネージといえば、「故障しやすい」「ブラックアウトする」…

屋外専用デジタルサイネージ

屋外専用設計 高輝度 液晶ディスプレイ 防水・防塵・耐熱・耐衝撃 屋外設置型液晶デジタルサイネージはワンストップのデジタルサイネージ サイネージ・リレーション お問い合わせはこちら 株式会社電縁 IP65+耐久性×設置場所×高輝度液晶 電縁のSignageRelation製品は防塵・防水・耐衝撃・耐寒・耐熱など屋外専用設計の液晶デジタルサイネージ。 画面制作から現場設置までワンストップで対応します…

コロナ禍で注目!混雑状況を提供できるデジタルサイネージとは

コロナ対策の一つとして最近、混雑状況を把握できるデジタルサイネージを街でよく見かけるようになってきました。今回はデジタルサイネージを使っての混雑状況提供について4つの異なる方式をご紹介してゆきます。 席や個室など個々の利用状況の提供 人感センサーを個々の席や個室に設置し、施設の混雑状況を把握するシステムです。 メリットは、席ごとに設置するので席の利用状況が詳しくわかります。柱などで見えない場所(デ…

デジタルサイネージ事例比較11選

これまで事例集記事part1~6で様々な事例を紹介してきましたが、それらで取り上げたものや、その他の事例を一つの記事にまとめます。この記事を参考にしながら、「このような目的でデジタルサイネージを使おう」「こんな使い方あるのか」と新たな発見があれば幸いです。使用機器の形態に分けてご紹介していきます。 目次 店舗・テナント内で商品および自社のイメージアップ駐車場の出庫待合室情報掲示板動物病院内での情報…

【2019年 最新版】デジタルサイネージ海外事例3選まとめ【DSE】

デジタルサイネージソリューションに特化した世界で唯一の包括的な国際イベント、DSE(Digital Signage Expo)が今年もラスベガスで開催されました。 DSEの開催は今年で15回目となります。 毎年イベント内で発表される「APEXアワード」では、13カ国からの112の参加者の事例から合計12のカテゴリーごとにゴールド・シルバー・ブロンズのAPEX賞が、さらに全参加者のうち3つの事例に…

デジタルサイネージを利用するならクラウド型?オンプレミス型?それぞれのメリット・デメリットと選び方を徹底解説!

デジタルサイネージの導入で迷っていませんか?デジタルサイネージにはクラウド型とオンプレミス型があると聞いたことはあるけれど、どちらを選ぶべきか悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。 この記事では、デジタルサイネージのクラウド型・オンプレミス型の特徴と、導入形態を決定する際の3つのポイントを解説していきます。 1.デジタルサイネージにおけるクラウド型・オンプレミス型とは? まず、デジタルサイネー…

トイレの空き状況をリアルタイムに確認できる「トイレIoTシステム」の提供を開始

システムコンサルティング・システム開発を行う株式会社電縁(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤俊男、以下電縁)は、トイレにセンサーを設置してリアルタイムに個室の空き状況を確認できる「トイレIoTシステム」を2018年11月1日より販売開始したことをお知らせいたします。 また、第1弾として、住友電工情報システム株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:奈良橋 三郎)の本社5階に導入いたしまし…

最新!工事現場のデジタルサイネージ事情~選び方から活用アイデアまで~

街中や店舗内の広告・宣伝などに使われるイメージが強いデジタルサイネージですが、近年は工事現場への利用も増えています。 工事現場にデジタルサイネージ?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、「簡単に更新でき、視認性が高い」というデジタルサイネージの良さは、工事現場においても更新作業の効率化や周囲の住民の方への告知という用途でも活かすことができるのです。 この記事では、工事現場で導入されるサイネージをど…
メニュー