“デジタルサイネージ 大学 事例” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果

集客や販促だけじゃない!大学での事例から見るデジタルサイネージ導入の可能性

デジタルサイネージを見かける機会は年々増えています。 飲食店の店頭で商品のイメージアップをするために用いられる場合や、 不動産仲介店において、チラシを無くして店内に入りやすい雰囲気を作るため・営業時間外でも宣伝を行うためにも用いられます。 上記のような店舗を利用する人数を増やす集客目的の他にも、顧客満足度を向上させてリピーターを増やす目的でも用いられます。 デジタルサイネージの分かりやすい効果とし…

【2018年 最新版】デジタルサイネージ海外事例3選まとめ

デジタルサイネージの世界最大規模の展示会、DSE(Digital Signage Expo)が今年もラスベガスで開催されました。 今年で14回目の開催となるDSEでは、サイネージ技術の発展、イノベーションや産業への貢献という観点において優れた事例を表彰しています。 日本に限らず、世界的に支持を得ている海外の事例を知るにはまさにうってつけの場だと言えるでしょう。 2017年度の受賞作品を紹介した以前…

話題沸騰中!海外のデジタルサイネージ提供企業3社

デジタルサイネージ市場は日本国内に限らず世界中で安定した成長を見せています。 なかでも先進国の躍進が目立つ結果となっており、様々な企業が独自の強みを活かした多様なサイネージを提供しています。 そこで、今回の記事では国内のサイネージから一旦視野を広げ、近年注目を集めている海外のデジタルサイネージ提供企業3つをご紹介します。 それぞれの特徴に触れ、多様化するデジタルサイネージの可能性を感じ取っていただ…

【導入事例】メニューのデジタルサイネージ化で社員食堂を快適空間に!

毎日多くの人が利用する社員食堂。特にランチの時間は混雑します。 キッチンのスタッフは、慌ただしい食事の提供の合間に、メニューの売り切れの状況など刻々と変化する情報を、わざわざ入り口まで行って食堂利用者に提示する必要があります。 しかし、タイミングが遅れると食堂利用者とのトラブルになりかねないタスクであると同時に、その手間がしばしば課題となります。デジタルサイネージは、そのような社員食堂ならではの課…

顧客ニーズの実現に!デジタルサイネージ最新活用事例~コンビニ編~

日本フランチャイズチェーン協会によると、コンビニエンスストアの2017年10月末の店舗数は約5万5千店(主要8社)。 その数は、郵便局の約2.3倍 、また、競合であるスーパーマーケットの約2.7倍 にも上ります。 コンビニが提供するサービスは非常に多岐にわたります。 食品・日用品類の販売に留まらず、宅配便受付、公共料金払込、銀行ATM、各種チケットの予約・販売、コピー、写真プリントなど、顧客の求め…

PRサービス効果大!デジタルサイネージ活用事例~病院・クリニック編~

最近病院や個人のクリニックを受診すると、待合スペースがすっきりとしている印象を抱くことはありませんか? それは、もしかしたらデジタルサイネージの効果かもしれません。 病院の待合室といえば、ソファの前に家庭用テレビが置かれ、周囲の壁には数多くの紙媒体が掲示してある (感染症予防の対策を促すポスターや、予防接種の情報を伝えるチラシなど…)という状況が一般的ではなかったでしょうか? ここ数年のデジタルサ…

集客効果抜群!外部コンテンツがデジタルサイネージを支える!

近頃よく耳にするデジタルサイネージという言葉。 日本語で電子看板を意味しており、駅や道路、商業施設、アミューズメント施設、飲食店、アパレルショップなど多くの場所で接する機会があります。 例えば、電車のなかに設置された電子モニターを思い出してください。路線図や天気予報、最新ニュースのほか、企業のコマーシャルなど、実にさまざまな情報が止めどなく流れていますよね。 実は、デジタルサイネージに流れているこ…

【プロモ・動物病院・オフィス】サイネージのPR事例集Part2

前回の記事に引き続き、様々な業界でのデジタルサイネージの活用法についてご紹介します。 Part1では冒頭でPublic RelationsすなわちPRについて触れましたが、PRを行う最終的な目的は売り上げおよび利潤の増加です。 利潤=売り上げ-コストという関係にありますが、売り上げは大別すると、総クライアント数と平均単価を掛け合わせたものです。 総クライアント数は、クライアント数×平均リピート回数…
メニュー