“デジタルサイネージ 設置 費用” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果

コロナ禍で注目!混雑状況を提供できるデジタルサイネージとは

コロナ対策の一つとして最近、混雑状況を把握できるデジタルサイネージを街でよく見かけるようになってきました。今回はデジタルサイネージを使っての混雑状況提供について4つの異なる方式をご紹介してゆきます。 席や個室など個々の利用状況の提供 人感センサーを個々の席や個室に設置し、施設の混雑状況を把握するシステムです。 メリットは、席ごとに設置するので席の利用状況が詳しくわかります。柱などで見えない場所(デ…

デジタルサイネージの電気代は月々いくら?ランニングコストを徹底解説!

デジタルサイネージを導入するにあたって気になるのは、電気代をはじめとするランニングコストではないでしょうか。 導入にかかる初期費用はイメージできても、「結局のところ、継続的にいくらかかるのか」という部分が分かりづらいために、新規の導入に不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。 本記事では、デジタルサイネージ運用でかかるランニングコストの全体像と内訳、その大まかな目安を、具体的な金額を用いてお伝…

デジタルサイネージを利用するならクラウド型?オンプレミス型?それぞれのメリット・デメリットと選び方を徹底解説!

デジタルサイネージの導入で迷っていませんか?デジタルサイネージにはクラウド型とオンプレミス型があると聞いたことはあるけれど、どちらを選ぶべきか悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。 この記事では、デジタルサイネージのクラウド型・オンプレミス型の特徴と、導入形態を決定する際の3つのポイントを解説していきます。 1.デジタルサイネージにおけるクラウド型・オンプレミス型とは? まず、デジタルサイネー…

デジタルサイネージの設置工事で考えるべきこととは? 取り付け方法4種とそのメリット・デメリットを紹介!

デジタルサイネージを導入する際に注意すべきことの一つが設置工事です。 設置場所やその取り付け方法によって、工事の必要性(=工事による追加費用)の有無や得られる効果は異なります。 そのため、低コストで高い視認性・利便性を得られるというサイネージのメリットを最大限に発揮するためにも、用途に合わせて「どこに設置するか」「どのような方法で設置するか」を適切に決めることが重要となるのです。 今回はサイネージ…

多言語対応は必須?デジタルサイネージ導入前に知っておきたいポイント

年々増加の一途を辿る訪日外国人旅行者。 多くの外国人が日本を訪れる一方で、彼らが旅行中に困ったこととして、外国語が得意ではない日本人とのコミュニケーションの難しさや、多言語表示の少なさやわかりにくさを挙げています。 その課題を解決するひとつの手段として、多言語表示機能をもつデジタルサイネージの普及が図られています。 実際に街を歩けば、空港や駅、観光地の街角、商業施設などで英語や中国語、韓国語などの…

デジタルサイネージの運用にはいくらかかるの?低価格におさえるコツを伝授!

訴求力の高さに加え、ポスターなど紙媒体にかかるコストがカットできるなど、多くのメリットを享受できるデジタルサイネージ。 メリットが多いとはいえ、実際に導入するとなると、ある程度まとまった導入コストが必要になることは予想できるかと思います。 しかし、導入を検討されている企業様によっては、そもそもデジタルサイネージについて詳しく知らなかったり、効果が未知数であったり、といった理由で予算が低く設定されて…

今日からできる!デジタルサイネージでのコンテンツの作り方・ツール紹介

デジタルサイネージを活用するにあたって必要となるものがコンテンツです。 設置する場所や表示方法も重要ですが、そもそも表示させる内容であるコンテンツは最も重要なポイントといえます。 とはいえ、コストの観点などからできるだけ自分たちの手でコンテンツを作成したいという場合もあるのではないでしょうか。 今回は、PowerPointなどの身近なツールを利用してデジタルサイネージのコンテンツを作成する方法をご…

集客や販促だけじゃない!大学での事例から見るデジタルサイネージ導入の可能性

デジタルサイネージを見かける機会は年々増えています。 飲食店の店頭で商品のイメージアップをするために用いられる場合や、 不動産仲介店において、チラシを無くして店内に入りやすい雰囲気を作るため・営業時間外でも宣伝を行うためにも用いられます。 上記のような店舗を利用する人数を増やす集客目的の他にも、顧客満足度を向上させてリピーターを増やす目的でも用いられます。 デジタルサイネージの分かりやすい効果とし…

まだまだ発展途上!街のスーパーで活用される生活密着型デジタルサイネージ

駅やショッピングビルといった街なか、電車やバス内、オフィスビルなどで目にするデジタルサイネージ。 朝起きてから通勤、通学、買い物という生活サイクルの中で、意識をしていなくても接します。 今回は、その中でも年代性別問わず、多くの人が日々立ち寄る「スーパーマーケット」という場所にフォーカスし、デジタルサイネージの活用状況や事例などをご紹介します。   ■スーパーにおけるデジタルサイネージの目…

デジタルサイネージの導入費用はどれくらい?価格をリサーチ!

デジタルサイネージは、ディスプレイの大きさや、付随する各機器の性能などによってその価格に大きく幅があります。 サイネージ市場には多くの会社があり、競争も活発ですが、似たような機器でも価格が事業者によって異なります。 また、多くの事業者はCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)と呼ばれるデジタルサイネージの放映スケジュールなどを管理するソフトウェアを自社で用意しており、それにより導入後の運用方法…
メニュー