“デジタルサイネージの設置” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果

デジタルサイネージの設置工事で考えるべきこととは? 取り付け方法4種とそのメリット・デメリットを紹介!

デジタルサイネージを導入する際に注意すべきことの一つが設置工事です。 設置場所やその取り付け方法によって、工事の必要性(=工事による追加費用)の有無や得られる効果は異なります。 そのため、低コストで高い視認性・利便性を得られるというサイネージのメリットを最大限に発揮するためにも、用途に合わせて「どこに設置するか」「どのような方法で設置するか」を適切に決めることが重要となるのです。 今回はサイネージ…

コロナ禍で注目!混雑状況を提供できるデジタルサイネージとは

コロナ対策の一つとして最近、混雑状況を把握できるデジタルサイネージを街でよく見かけるようになってきました。今回はデジタルサイネージを使っての混雑状況提供について4つの異なる方式をご紹介してゆきます。 席や個室など個々の利用状況の提供 人感センサーを個々の席や個室に設置し、施設の混雑状況を把握するシステムです。 メリットは、席ごとに設置するので席の利用状況が詳しくわかります。柱などで見えない場所(デ…

こんな場所で集客PR!デジタルサイネージ活用予想図~本屋編~

商業施設の店内やレストラン、駅前、バス等の公共機関、駐車場、住宅地、病院、不動産仲介店など様々な場所でデジタルサイネージが活用されています。 前回、スーパー銭湯・温泉に着目して、現状は普及していないものの、実はデジタルサイネージを利用することが有効ではないかというケースについて書いていきました。 今回は、本屋にフォーカスしていきます。 書店関係の仕事をされている方はもちろん、そうでない方も、事業の…

タイプ別総整理!「仕組み」で比べるデジタルサイネージ3タイプ!

デジタルサイネージの導入に向けて比較検討する際に不可欠となるのが、比べるための軸を持つことです。 そんな比較軸の中でも、導入目的によらずに知っておくべきなのがデジタルサイネージの「仕組み」ではないでしょうか? 近年、従来の看板や紙のポスターなどに代わり街中のあらゆる場所で目にするようになったデジタルサイネージですが、一口にデジタルサイネージといっても、電車内、駅のコンコースの柱、病院の待合室、商業…

今こそ知りたい!サイネージコンテンツをCMSにするべき8つの理由!

最近はデジタルサイネージを見ない日がないと言えるほど、多くの店舗や地域でデジタルサイネージが導入されています。 2020年の東京オリンピック開催も迫り、ますますその役割が大きくなるデジタルサイネージですが、CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)を導入して、コンテンツの内容や配信時間を工夫することで、宣伝効果を上げられることはご存知でしょうか? 今回は、デジタルサイネージに向いているコンテン…

【2017年 最新版】デジタルサイネージ海外事例3選まとめ

日本のデジタルサイネージ市場の拡大の勢いはすさまじく、今や大都市の有名スポットには無数に並ぶ時代です。では、海外では一体どんなサイネージが設置されているのか、ご存知でしょうか? 実は、初めてデジタルサイネージが大都市で導入されたのはアメリカで、1999年にラスベガスで行われたものでした。 そんなラスベガスでは毎年、ビジネス諸分野において、デジタルサイネージが事業ソリューションとして産業の発展に貢献…

デジタルサイネージ導入前に把握すべき!主要スタンド5選

デジタルサイネージを設置する上で無くてはならないものの1つに、スタンドがあります。 スタンドといっても種類は様々ですが、ここでは是非とも知っておきたい主な5種類についてご紹介していきます。 卓上型スタンド イーゼルタイプ 自立型スタンド 壁寄せスタンド キオスク型スタンド(筺体) 一つ一つ見ていきましょう。     卓上型スタンド 小型から中型モニター(おおよそ7~32インチ)…

デジタルサイネージに関する豆知識

デジタルサイネージに関する豆知識 デジタルサイネージを利用していく上で、知っているともっとサイネージに興味を持ってもらえる用語というテーマで、関連ワードを豆知識的な形で紹介していきます。 これを読んで、デジタルサイネージの分野で他者を一歩リードしましょう。 電子看板とは デジタルサイネージの可能性 デジタルサイネージの耐用年数 デジタルサイネージのネットワーク化 デジタルサイネージのフルハイビジョ…

紙媒体との違い

紙媒体との違い これまでの紙媒体では、タレントやキャラクターなどの「イメージ」と、「訴えたい文章」などを1枚のボードにすべて載せる必要がありましたが、デジタルサイネージであれば、コンテンツを複数に分けて連続的に表示したり、時間帯によってコンテンツを変えるなど、ターゲットに向けて適切なコンテンツをタイムリーに発信し、訴求することができます。 コンテンツの配信方法 デジタルサイネージと従来型広告の一番…
メニュー