“マルチディスプレイ” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果

高速道路サービスエリアのデジタルサイネージ事情   ~屋外サイネージ編~

高速道路のサービスエリアでは、以前からデジタルサイネージをよく見かけていましたが、最近では屋外・施設外にもデジタルサイネージを多く見かけるようになってきました。今回は高速道路のサービスエリアの屋外にあるデジタルサイネージについてご紹介してゆきます。 まずは屋外デジタルサイネージの機能面についてご紹介します。 ほんの5年前であれば屋外デジタルサイネージといえば、「故障しやすい」「ブラックアウトする」…

集客や販促だけじゃない!大学での事例から見るデジタルサイネージ導入の可能性

デジタルサイネージを見かける機会は年々増えています。 飲食店の店頭で商品のイメージアップをするために用いられる場合や、 不動産仲介店において、チラシを無くして店内に入りやすい雰囲気を作るため・営業時間外でも宣伝を行うためにも用いられます。 上記のような店舗を利用する人数を増やす集客目的の他にも、顧客満足度を向上させてリピーターを増やす目的でも用いられます。 デジタルサイネージの分かりやすい効果とし…

デジタルサイネージを広告・販促に活かすには!~サイズやメリットを把握しよう

いま、デジタルサイネージが広告媒体として、とてつもない勢いでその数を増やしています。 デジタルサイネージは、従来の紙による広告媒体と異なり、動画やスライドショーなど画面に動きがつけられるため目を引きやすく、新たな広告メディアとして注目を浴びています。 しかし、ひとくちにデジタルサイネージといっても、その設置場所やディスプレイのサイズなどの要素によって、見た目や活用の用途は多種多様です。 いったいど…

今こそ知りたい!サイネージコンテンツをCMSにするべき8つの理由!

最近はデジタルサイネージを見ない日がないと言えるほど、多くの店舗や地域でデジタルサイネージが導入されています。 2020年の東京オリンピック開催も迫り、ますますその役割が大きくなるデジタルサイネージですが、CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)を導入して、コンテンツの内容や配信時間を工夫することで、宣伝効果を上げられることはご存知でしょうか? 今回は、デジタルサイネージに向いているコンテン…

ディスプレイで見るデジタルサイネージの違い3選!

近ごろよく耳にする「デジタルサイネージ」という用語ですが、それが一体どのようなものかご存知でしょうか?言葉の持つ響きから、なんだか複雑な機械を想像してしまう方も少なくないのではないでしょうか。 デジタルサイネージとはデジタル画面を使った看板のことで、既に私たちの身の回りのあらゆる場面で使われています。 新しい情報メディアとして広まりつつあるため、既に看板の候補として検討している方も多いかもしれませ…

エントランスでのデジタルサイネージ導入事例

導入事例  デジタルサイネージを導入されたお客様の一覧となります。   エントランスでのデジタルサイネージ導入事例 ディスプレイをエントランスに設置し、お越しにくるお客様にインパクトのある映像を提供しております。 某都内ホテル 様 ホテルエントランス ■ 製品 ブロードキャスト版 (タッチパネル非対応) ■ ディスプレイサイズ ■ 使用機器 ホテルエントランスファンクションルーム ■ 製…

導入事例

導入事例  デジタルサイネージを導入されたお客様の一覧となります。 店舗での導入事例 観光案内での導入事例 メニュー表示での導入事例 マンションでの導入事例 オフィスでの導入事例 エントランスでの導入事例 宿泊施設での導入事例 駐車場での導入事例 工事現場での導入事例 展示会での導入事例 病院・クリニックでの導入事例 不動産での導入事例 店舗でのデジタルサイネージ導入事例 最新のデジタルポップとし…

選ばれる理由

選ばれる理由 数多くあるデジタルサイネージシステムの中で、サイネージ・リレーションが 多くのお客様に選ばれるのには理由があります。 2009年にデジタルサイネージシステム「サイネージ・リレーション」の販売を開始以来、 さまざまな業種・業態のお客様からのご要望にスピーディかつ柔軟に対応しながら、 付加価値の高いデジタルサイネージを提供しています。 他社にはない「電縁だからできる」デジタルサイネージを…

店舗でのデジタルサイネージ導入事例

店舗でのデジタルサイネージ導入事例 最新のデジタルポップとして商品陳列棚に常設。お客にあった商品をタッチで選択できるサイネージになります。コンテンツ更新はWi-Fiを使い、 インターネットでの更新を実現しております。また、タッチログを収集し、マーケティングにも活用しております。 商品の紹介動画を流すことにより、自社のイメージ強化を図ることが可能です。また、アイキャッチ効果も高くなります。 某化粧品…
メニュー