“案内板 サイネージ ホテル” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果

進化し続けるデジタルサイネージ!最新技術5選

近年、デジタルサイネージの市場規模はますます拡大しています。 街を見渡しても、駅構内や電車内の広告、商業施設のシンボルや観光地の案内板など、デジタルサイネージを見かける機会は増えているのではないでしょうか。 拡大する市場に伴い、デジタルサイネージの技術も日進月歩の発展を見せています。 多彩な表現方法や利便性の向上によって、デジタルサイネージの可能性はさらに広がっているのです。 今回は5つのデジタル…

インバウンド、オリンピックにより需要増!ホテルのデジタルサイネージの活用事例

街中の様々な場所やシチュエーションで活用されているデジタルサイネージですが、ホテルも例外ではありません。 ホテルはデジタルサイネージの機能を生かすには最適の場所といえ、様々な場面で活躍しています。 ホテル業界の市場規模は、インバウンド需要と2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて堅調に推移しています。 それに伴う設備投資などにより、これから益々デジタルサイネージが必要とされる業界といえ…

店舗販促でデジタルサイネージを活用する場合

活用シーン 現在あらゆる業界、シーン、利用用途でデジタルサイネージは活かされております。多くのお客様へより明確な訴求が行えるデジタルサイネージの代表的な活用シーンを取りまとめましたのでぜひご覧ください。   ▼ 活用シーンをお選びください 店舗販促でデジタルサイネージを活用する場合 お客様へデジタルサイネージを使い、効果的に情報を告知することができます。 縦・横対応はもちろん、外部コンテ…

今こそ知りたい!サイネージコンテンツをCMSにするべき8つの理由!

最近はデジタルサイネージを見ない日がないと言えるほど、多くの店舗や地域でデジタルサイネージが導入されています。 2020年の東京オリンピック開催も迫り、ますますその役割が大きくなるデジタルサイネージですが、CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)を導入して、コンテンツの内容や配信時間を工夫することで、宣伝効果を上げられることはご存知でしょうか? 今回は、デジタルサイネージに向いているコンテン…

デジタルサイネージやタッチパネルは、なぜ“今”日本に必要なのか? ~導入のメリットとは~

昨今、駅の構内や観光案内版など公共機関や、ショッピングモールや店舗外装など商業用途において、デジタルサイネージの普及が進んでいます。 しかし、日本国内において、その数はまだまだ十分とは言えません。 来年2020年には東京五輪も控える中で、案内板や掲示板をデジタル化することは日本における喫緊の課題と言えるでしょう。 本記事では、情報発信ツールとしての案内板等をデジタル化することの必要性や、デジタル化…

活用シーン

活用シーン 現在あらゆる業界、シーン、利用用途でデジタルサイネージは活かされております。多くのお客様へより明確な訴求が行えるデジタルサイネージの代表的な活用シーンを取りまとめましたのでぜひご覧ください。   ▼ 活用シーンをお選びください 店舗販促でデジタルサイネージを活用する場合 お客様へデジタルサイネージを使い、効果的に情報を告知することができます。 縦・横対応はもちろん、外部コンテ…
メニュー