“CMS デジタルサイネージ” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果

屋外専用デジタルサイネージ

屋外専用設計 高輝度 液晶ディスプレイ 防水・防塵・耐熱・耐衝撃 屋外設置型液晶デジタルサイネージはワンストップのデジタルサイネージ サイネージ・リレーション お問い合わせはこちら株式会社電縁 IP65+耐久性×設置場所×高輝度液晶 電縁のSignageRelation製品は防塵・防水・耐衝撃・耐寒・耐熱など屋外専用設計の液晶デジタルサイネージ。 画面制作から現場設置までワンストップで対応します。…

デジタルサイネージの運用にはいくらかかるの?低価格におさえるコツを伝授!

訴求力の高さに加え、ポスターなど紙媒体にかかるコストがカットできるなど、多くのメリットを享受できるデジタルサイネージ。 メリットが多いとはいえ、実際に導入するとなると、ある程度まとまった導入コストが必要になることは予想できるかと思います。 しかし、導入を検討されている企業様によっては、そもそもデジタルサイネージについて詳しく知らなかったり、効果が未知数であったり、といった理由で予算が低く設定されて…

今日からできる!デジタルサイネージでのコンテンツの作り方・ツール紹介

デジタルサイネージを活用するにあたって必要となるものがコンテンツです。 設置する場所や表示方法も重要ですが、そもそも表示させる内容であるコンテンツは最も重要なポイントといえます。 とはいえ、コストの観点などからできるだけ自分たちの手でコンテンツを作成したいという場合もあるのではないでしょうか。 今回は、PowerPointなどの身近なツールを利用してデジタルサイネージのコンテンツを作成する方法をご…

デジタルサイネージの導入費用はどれくらい?価格をリサーチ!

デジタルサイネージは、ディスプレイの大きさや、付随する各機器の性能などによってその価格に大きく幅があります。 サイネージ市場には多くの会社があり、競争も活発ですが、似たような機器でも価格が事業者によって異なります。 また、多くの事業者はCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)と呼ばれるデジタルサイネージの放映スケジュールなどを管理するソフトウェアを自社で用意しており、それにより導入後の運用方法…

実は身近なタブレット・iPad型デジタルサイネージ!導入のメリットとデメリット

当サイトはデジタルサイネージに関する豆知識・ノウハウや導入事例をご紹介していますが、読者のみなさんはデジタルサイネージに対してどのようなイメージを持っているでしょうか。 想像しやすいものは、繁華街にある大きなディスプレイや駅前のインフォメーションボードなど、大きなサイズのモニターにコンテンツが映し出されたものだと思います。 もちろん、それらはサイネージの代表例の一つですが、他にも様々な形態があるの…

インスタグラム連携 デジタルサイネージ

Instagram連携のデジタルサイネージ デジタルサイネージが 話題のInstagramと 連携! サイネージ・リレーションが、話題のインスタグラムとの連携が可能になりました。 例えば、飲食店舗であれば店舗内の様子やおすすめの料理などを更新することにより、店舗づくりのお役立てになるかと思います。 また、お客様からの投稿をデジタルサイネージにアップすることで、店舗に設置されたデジタルサイネージを見…

こんな場所で集客PR!デジタルサイネージ活用予想図~本屋編~

商業施設の店内やレストラン、駅前、バス等の公共機関、駐車場、住宅地、病院、不動産仲介店など様々な場所でデジタルサイネージが活用されています。 前回、スーパー銭湯・温泉に着目して、現状は普及していないものの、実はデジタルサイネージを利用することが有効ではないかというケースについて書いていきました。 今回は、本屋にフォーカスしていきます。 書店関係の仕事をされている方はもちろん、そうでない方も、事業の…

タイプ別総整理!「仕組み」で比べるデジタルサイネージ3タイプ!

デジタルサイネージの導入に向けて比較検討する際に不可欠となるのが、比べるための軸を持つことです。 そんな比較軸の中でも、導入目的によらずに知っておくべきなのがデジタルサイネージの「仕組み」ではないでしょうか? 近年、従来の看板や紙のポスターなどに代わり街中のあらゆる場所で目にするようになったデジタルサイネージですが、一口にデジタルサイネージといっても、電車内、駅のコンコースの柱、病院の待合室、商業…

聞き慣れないけど実は身近に!?デジタルサイネージ事例比較17選

これまで事例集記事part1~6で様々な事例を紹介してきましたが、それらで取り上げたものや、その他の事例を一つの記事にまとめます。 この記事を参考にしながら、「このような目的でデジタルサイネージを使おう」「こんな使い方あるのか」と新たな発見があれば幸いです。 使用機器の形態に分けてご紹介していきます。   目次 インフォメーションボードのディスプレイ 1.店舗・テナント内で商品および自社…

今こそ知りたい!サイネージコンテンツをCMSにするべき8つの理由!

最近はデジタルサイネージを見ない日がないと言えるほど、多くの店舗や地域でデジタルサイネージが導入されています。 2020年の東京オリンピック開催も迫り、ますますその役割が大きくなるデジタルサイネージですが、CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)を導入して、コンテンツの内容や配信時間を工夫することで、宣伝効果を上げられることはご存知でしょうか? 今回は、デジタルサイネージに向いているコンテン…
メニュー