“サイネージ コンテンツ” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果
  3. (固定ページ 4)

顧客ニーズの実現に!デジタルサイネージ最新活用事例~コンビニ編~

日本フランチャイズチェーン協会によると、コンビニエンスストアの2017年10月末の店舗数は約5万5千店(主要8社)。 その数は、郵便局の約2.3倍 、また、競合であるスーパーマーケットの約2.7倍 にも上ります。 コンビニが提供するサービスは非常に多岐にわたります。 食品・日用品類の販売に留まらず、宅配便受付、公共料金払込、銀行ATM、各種チケットの予約・販売、コピー、写真プリントなど、顧客の求め…

デジタルサイネージを縁の下で支える「プレイヤー」について解説!

デジタルサイネージは、紙の媒体と異なり、柔軟で多彩な表現方法を持つ広告媒体として、広く活用されています。 デジタルサイネージのメリットの一例として、次のことが挙げられます。 時間や場所に応じて表示内容を臨機応変に変えることができる 静止画だけでなく、動画や音声も再生できる コンテンツのループ表示、スライドショーの表示ができる これらのメリットは、媒体としての「デジタルサイネージらしさ」とも言えます…

インバウンド、オリンピックにより需要増!ホテルのデジタルサイネージの活用事例

街中の様々な場所やシチュエーションで活用されているデジタルサイネージですが、ホテルも例外ではありません。 ホテルはデジタルサイネージの機能を生かすには最適の場所といえ、様々な場面で活躍しています。 ホテル業界の市場規模は、インバウンド需要と2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて堅調に推移しています。 それに伴う設備投資などにより、これから益々デジタルサイネージが必要とされる業界といえ…

PRサービス効果大!デジタルサイネージ活用事例~病院・クリニック編~

最近病院や個人のクリニックを受診すると、待合スペースがすっきりとしている印象を抱くことはありませんか? それは、もしかしたらデジタルサイネージの効果かもしれません。 病院の待合室といえば、ソファの前に家庭用テレビが置かれ、周囲の壁には数多くの紙媒体が掲示してある (感染症予防の対策を促すポスターや、予防接種の情報を伝えるチラシなど…)という状況が一般的ではなかったでしょうか? ここ数年のデジタルサ…

実は身近なタブレット・iPad型デジタルサイネージ!導入のメリットとデメリット

当サイトはデジタルサイネージに関する豆知識・ノウハウや導入事例をご紹介していますが、読者のみなさんはデジタルサイネージに対してどのようなイメージを持っているでしょうか。 想像しやすいものは、繁華街にある大きなディスプレイや駅前のインフォメーションボードなど、大きなサイズのモニターにコンテンツが映し出されたものだと思います。 もちろん、それらはサイネージの代表例の一つですが、他にも様々な形態があるの…

デジタルサイネージはいつから始まった?歴史や仕組み、展望を解説

最近、街を歩けば必ずといってよいほどデジタルサイネージを見かけるようになりました。 電車に乗れば、ドアの上にある画面に行き先が示され、 地下通路を通ると、立ち並ぶ柱に背丈ほどの大画面のディスプレイがズラリと並び、近隣のイベント情報が流れ、 百貨店に到着すると、アパレルショップの店頭に、おすすめの季節のコーディネートが表示されているといった具合です。 ディスプレイの設置場所や、その大きさに違いはあり…

インスタグラム連携 デジタルサイネージ

Instagram連携のデジタルサイネージ デジタルサイネージが 話題のInstagramと 連携! サイネージ・リレーションが、話題のインスタグラムとの連携が可能になりました。 例えば、飲食店舗であれば店舗内の様子やおすすめの料理などを更新することにより、店舗づくりのお役立てになるかと思います。 また、お客様からの投稿をデジタルサイネージにアップすることで、店舗に設置されたデジタルサイネージを見…

デジタルサイネージを広告・販促に活かすには!~サイズやメリットを把握しよう

いま、デジタルサイネージが広告媒体として、とてつもない勢いでその数を増やしています。 デジタルサイネージは、従来の紙による広告媒体と異なり、動画やスライドショーなど画面に動きがつけられるため目を引きやすく、新たな広告メディアとして注目を浴びています。 しかし、ひとくちにデジタルサイネージといっても、その設置場所やディスプレイのサイズなどの要素によって、見た目や活用の用途は多種多様です。 いったいど…

こんな場所で集客PR!デジタルサイネージ活用予想図~本屋編~

商業施設の店内やレストラン、駅前、バス等の公共機関、駐車場、住宅地、病院、不動産仲介店など様々な場所でデジタルサイネージが活用されています。 前回、スーパー銭湯・温泉に着目して、現状は普及していないものの、実はデジタルサイネージを利用することが有効ではないかというケースについて書いていきました。 今回は、本屋にフォーカスしていきます。 書店関係の仕事をされている方はもちろん、そうでない方も、事業の…

どこまで広がる?デジタルサイネージの市場規模

デジタルサイネージの市場規模が年々拡大しています。 交通機関、商業施設、公共施設、オフィス、医療機関…街中のあらゆる場所で見かけるようになり、その勢いを肌で感じることができます。 2020年の東京オリンピック・パラリンピックにむけて、国や自治体もデジタルサイネージの利用を推進するなど、市場規模は今後ますます拡大することが予想されます。 そこで今回は、デジタルサイネージ市場の規模について、これまでの…
メニュー