“重要” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果

高速道路サービスエリアのデジタルサイネージ事情   ~屋外サイネージ編~

高速道路のサービスエリアでは、以前からデジタルサイネージをよく見かけていましたが、最近では屋外・施設外にもデジタルサイネージを多く見かけるようになってきました。今回は高速道路のサービスエリアの屋外にあるデジタルサイネージについてご紹介してゆきます。 まずは屋外デジタルサイネージの機能面についてご紹介します。 ほんの5年前であれば屋外デジタルサイネージといえば、「故障しやすい」「ブラックアウトする」…

コロナ禍で注目!混雑状況を提供できるデジタルサイネージとは

コロナ対策の一つとして最近、混雑状況を把握できるデジタルサイネージを街でよく見かけるようになってきました。今回はデジタルサイネージを使っての混雑状況提供について4つの異なる方式をご紹介してゆきます。 席や個室など個々の利用状況の提供 人感センサーを個々の席や個室に設置し、施設の混雑状況を把握するシステムです。 メリットは、席ごとに設置するので席の利用状況が詳しくわかります。柱などで見えない場所(デ…

【まだ間に合う】企業防災とBCP

企業防災という言葉を聞いたことはあるでしょうか?特に日本は自然災害が極めて多い国であるため、自然災害により多大なコストやリスクを負う企業が少なくありません。そこで必要なのが企業防災です。 本記事では、「日本の自然災害における現状」と、「企業防災についての概要」をお伝えしていきます。 日本は世界と比較して災害の起きる確率が高い 日本は世界でも有数の災害大国と呼ばれています。地震、台風、大雨、洪水、津…

デジタルサイネージの電気代は月々いくら?ランニングコストを徹底解説!

デジタルサイネージを導入するにあたって気になるのは、電気代をはじめとするランニングコストではないでしょうか。 導入にかかる初期費用はイメージできても、「結局のところ、継続的にいくらかかるのか」という部分が分かりづらいために、新規の導入に不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。 本記事では、デジタルサイネージ運用でかかるランニングコストの全体像と内訳、その大まかな目安を、具体的な金額を用いてお伝…

【地震対策】これだけは備えよう!地震対策の総まとめ!

地震対策と聞いて、あなたは何をイメージしましたか? 家具の固定、防災グッズの準備、避難経路の確認、、、 2018年の1年を表す漢字が「災」であることから分かるように、2018年は日本列島全体が災害に見舞われた1年でした。 地球温暖化は悪化の一途を辿っており、これから更に自然災害が増えることが考えられます。 特に地震大国である日本では、もう何十年も前から南海トラフ地震の噂が、近年では首都直下型地震の…

【雪害】冬の危険性!これからの雪害に備えるためには!

冬になると雪の量が気になる地域は多く、雪害に対する備えが重要になってきます。 また普段雪の降らない地域での大雪はパニックを招くことが多く、首都圏で雪が降れば交通網が麻痺するなど、甚大な被害を受けることがあります。 豪雪地帯であっても予想外の大雪で交通網や輸送網がストップするなど、雪が及ぼす害は広範囲に及びます。 今回は特に、雪害の耐性が低い方に向けて、危険性と対策を紹介していきたいと思います。 &…

【防災グッズ】安価で効果的!自分で防災グッズを揃えることのメリットとその中身とは?

日本各地で地震や大雨などの災害が発生し、誰もが被災に対して無関心でいられなくなっています。 もし万が一被災した時に、あなたの生死を分けるのは日ごろの心構えと防災グッズの備えです。 また日ごろから備えを怠らなければ自分の安全確保に役立つだけなく、被災後の生活の不便を減らすことができます。 今回は、そんなもしものために、自分で防災グッズを揃える手順をお教えします! この記事を読めば市販の防災セットを買…

プロが選んだプライバシーにこだわる安否確認ツール2選!

近年、地球温暖化による異常気象がニュースを騒がせています。 今年の夏の猛暑や記録的豪雨は、みなさんの記憶にも新しいと思います。 それだけでなく、2018年だけでマグニチュード6以上の地震が4回起きており、そのうち熊本地震と北海道胆振東部地震は特に甚大な被害を与えました。 このように、私たちの生活は常に災害と隣り合わせなため、もしもの時のために安否確認の方法は事前に決めておくべきです。 電話での安否…

【地震前兆】知っておきたい巨大地震の前触れとは!

小さな地震が頻繁に起こると、多くの人の脳裏には大地震という文字がよぎるのではないでしょうか。 日本は地震大国なためいつ大地震が起きても不思議ではありません。 実際に数々の過去の大地震では、突然の地震に対応出来ず甚大な被害が出てしまいました。 つまり地震は予知することが出来ず、私たちはいつ来ても良いように備えることしかできないのです。 しかし、実は大地震の前には前兆と考えられる不可解な現象が数多く起…

【東京住み必見】首都直下型地震でどうなる東京!知られざる東京の危険性

人口集中が加速する東京。日本の人口の約1割、約1300万人が現在東京に住んでいます。 関東だけでも全人口の約33%の人が暮らしており、東京を中心とした首都圏の発展は目覚ましいものです。 そんな大都市の地下がどうなっているか、あなたは考えたことがありますか? 「首都直下型地震」、多くの人が1度は耳にしたことがあると思います。 この名前から分かるように、私たちが暮らしている東京も、大地震の起きる可能性…
メニュー