デジタルサイネージ導入の効果

デジタルサイネージの特性を生かすことで、従来の紙媒体では難しかった施策が可能になり、多くの効果を生み出すことができます。
本章では、デジタルサイネージの導入によってもたらされる効果について紹介しています。

多くの情報を提供

提供情報例

商業施設
フロア案内、新規店舗案内、催事情報、各種お知らせ、等
飲食店
メニュー案内、シェフの紹介、季節限定メニュー、食材へのこだわり、店内写真、内装のこだわり、接客の教育について、等
病院
病院案内、新着情報、患者向け情報、献立、医師紹介、病院の特色、沿革、避難ルート、等
不動産店舗
物件案内、地域情報、営業案内、従業員紹介、オーナー向け情報、契約の流れ、火災保険について、等

映像の配信

デジタルサイネージであれば、映像を使ったり、複数の写真を連続的に表示することで、視覚的に訴えることができます。

effect005

多くの情報を提供

デジタル化

高い更新性

ポスターやチラシが電子データ化されますので、誤字脱字があった場合や、急な内容変更などにスピーディーに対応できます。
遠隔地でのコンテンツ配信であっても、現地に紙媒体を設置する必要はありませんので、全端末で同時に更新することができます。

多様な販促

effect001

デジタル化

デジタルサイネージでは頻繁にコンテンツを変更できますので、時間帯・曜日・季節などによって多様な販促活動が可能であり、頻繁に変更したとしても、印刷等のコストは発生しません。
今まで販促活動が難しかった商品について、各コンテンツの合間に配信したりすることで、消費者に訴求することが可能になります。

モバイル連携

モバイル連携

effect002

モバイル連携

デジタルサイネージでは、画面にQRコードを表示したり、Felica端末を使って、利用者自身のモバイル端末との連動が可能です。

モバイル連携活用例
物販
商品の詳細情報をモバイル端末で閲覧し、消費者の購買活動につなげることができます。
不動産店舗
利用者が検索した不動産物件情報を自身のモバイル端末に保持し、帰宅後にモバイル端末で物件情報の閲覧や内覧予約をすることができます。

オフライン行動までのアクセス解析

QRコードやFelica端末による連動では、デジタルサイネージ上でのアクセス解析だけでなく、その後の行動も含めた詳細なアクセス解析が可能です。オフラインでの集客や購買活動につながる施策をスピーディー且つタイムリーに試すことが可能です。

集客

集客数及び集客率の向上

デジタルサイネージでは、施策ごとのアクセス解析が可能なため、どのコンテンツが集客数や集客率の向上に結びついたかを知ることができます。
スピーディーにコンテンツの更新が行えますので、天候やその日の人の流れによってキャンペーンを行うことができます。

営業時間外の活用

effect003

集客

デジタルサイネージを使えば、営業時間外であっても、従来型広告に比べ魅力的なコンテンツを流すことが可能です。営業時間外のタッチやFelicaでのデータ取得などのアクセスを解析できますので、営業時間外であっても、集客数や集客率向上に結びつく施策を高頻度で行うことができます。

広告収入

広告収入

effect004

広告収入

自社の宣伝が効果的でない時間帯であれば、他社広告を流すことで収入を確保することができます。

営業時間外の活用

デジタルサイネージを使えば、営業時間外であっても、従来型広告に比べ魅力的なコンテンツを流すことが可能です。営業時間外のタッチやFelicaでのデータ取得などのアクセスを解析できますので、営業時間外であっても、集客数や集客率向上に結びつく施策を高頻度で行うことができます。

電縁のデジタルサイネージについて詳しくみる

のデジタルサイネージ

電縁のデジタルサイネージの特徴・機能などについて詳しくご確認いただけます。

デジタルサイネージ

活用シーン

デジタルサイネージが活用をシーン別に掲載しております。

デジタルサイネージ

導入事例

電縁のデジタルサイネージを導入されたお客様の情報をご確認いただけます。

メニュー