紙媒体との違い

これまでの紙媒体では、タレントやキャラクターなどの「イメージ」と、「訴えたい文章」などを1枚のボードにすべて載せる必要がありましたが、デジタルサイネージであれば、コンテンツを複数に分けて連続的に表示したり、時間帯によってコンテンツを変えるなど、ターゲットに向けて適切なコンテンツをタイムリーに発信し、訴求することができます。

コンテンツの配信方法

デジタルサイネージと従来型広告の一番の違いは、印刷物ではなく、1つのディスプレイで複数のコンテンツを表示できる点です。配信できるコンテンツは文字や静止画だけでなく動画も可能で、環境があればストリーミングや音声を利用することも可能です。

看板の広告に比べ、映像による広告の方が目に止まりやすいのはもちろんのこと、1つの場所で多くの種類の広告を表示できる点はデジタルサイネージの強みです。

これにより、従来は不特定多数に向けられていた内容が、設置場所の特性にあわせた訴求が可能になります。

コンテンツの配信方法としては、時間帯別の配信、画面分割による複数種類の同時配信、オーバーレイによる配信(広告の上にテロップや画像を表示すること)など、コンピュータで制御可能なものはほとんどが表示可能になります。

従来の配信方法

デジタルサイネージ

デジタルサイネージでの配信方法

インタラクティブ(双方向性)

インタラクティブなコンテンツの配信はデジタルサイネージの強みの1つです。インタラクティブなデジタルサイネージであれば、利用者自身がコンテンツを選択できますので、情報提供側が一方的に情報配信をするのに比べ、利用者が求めるコンテンツを配信することができます。インタラクティブ式デジタルサイネージの実現方法としては、

・タッチパネル式

・ボタン式

・音声による応答

・体の動きに反応した応答

などがあります。

デジタルサイネージ

デジタルサイネージの設置例

複数店舗同時配信、大規模運用ができる

デジタルサイネージではネットワークを介して、複数店舗に同時配信が可能です。

配信するコンテンツも遠隔操作が可能なので、コンテンツ配信する端末数が増えたとしても比例して運用コストが増えるわけではありません。

電気代など端末台数に比例して増加するコストもありますが、24時間365日点灯させたとしても端末1台あたりのコストは年間数万円程度(※1)で、コスト全体としてはそれほど大きくありません。

また例えば店舗用ポスター等に誤字脱字があった場合は、従来であれば全てを印刷し直さなければなりませんが、デジタルサイネージであれば配信データの修正だけで済みます。

規模が大きくなればなるほど、デジタルサイネージの恩恵を受けることができると言っても過言ではないでしょう。

(※1)一般的な60型液晶ディスプレイを想定しており、デジタルサイネージ機器によります。

1000台を超える端末数にもコンテンツ管理可能

複数店舗への配信・管理方法

デジタルサイネージと紙媒体のコスト比較

デジタルサイネージでは、配信するコンテンツの遠隔操作が可能です。よって、一度設置してしまえば貼り替えのために現地まで行く必要はありませんし、印刷代もかかりません。

省エネ技術により、24時間365日ディスプレイを点灯させたとしても、電気代は数万円程度(※1)です。同じ場所の広告を張り替えるとなると、交通費や人件費でそれ以上にかかる可能性が高いでしょう。

なお、運用コストには、別途デジタルサイネージ機器の保守費用が必要になる場合があります。そういった費用も加味しながら検討する必要はありますが、高頻度でコンテンツを変更したとしても人件費がそれほど変わらないというのは、デジタルサイネージが支持される理由の一つとなっています。

(※1)一般的な60型液晶ディスプレイを想定しており、デジタルサイネージ機器によります。

設置の柔軟性

従来型広告は印刷物であるため、そのサイズは無限の種類があると言えます。正方形や長方形だけでなく、曲線を使ったものや、柱などの曲面に設置することも可能です。デジタルサイネージの場合は、液晶ディスプレイを使用する場合、47型や60型と言った特定のサイズでの利用になります。最近のデジタルサイネージ機器では、フレーム幅(液晶の外側の部分)が小さくなっているため、複数ディスプレイを組み合わせることで大画面デジタルサイネージが可能になっています。なお、柱などの曲面に設置できるディスプレイやプロジェクタによる投影などで、設置場所を選ばずに利用するデジタルサイネージ技術も出始めています。今後更なる技術革新やより多く使われることで更にコストも下がっていくものと思われます。

不動産向けデジタルサイネージ

デジタルサイネージの設置例

電縁のデジタルサイネージについて詳しくみる

のデジタルサイネージ

電縁のデジタルサイネージの特徴・機能などについて詳しくご確認いただけます。

デジタルサイネージ

活用シーン

デジタルサイネージが活用をシーン別に掲載しております。

デジタルサイネージ

導入事例

電縁のデジタルサイネージを導入されたお客様の情報をご確認いただけます。

メニュー