トイレの空き状況をリアルタイムに確認できる「トイレIoTシステム」の提供を開始

システムコンサルティング・システム開発を行う株式会社電縁(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤俊男、以下電縁)は、トイレにセンサーを設置してリアルタイムに個室の空き状況を確認できる「トイレIoTシステム」を2018年11月1日より販売開始したことをお知らせいたします。

また、第1弾として、住友電工情報システム株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:奈良橋 三郎)の本社5階に導入いたしました。

「トイレIoTシステム」とは

「トイレIoTシステム」は、無線が内蔵されているセンサーを使用して個室トイレのドアの開閉状態を判断し、空き状況を確認できるシステムです。電源の確保や配線工事、サーバの設置や、インターネット接続などが不要なため、オフィスビルはもちろん、商業施設や大型アミューズメントパークなどの施設でもサービスの拡充に貢献できます。

さらに、電縁が持つデジタルサイネージソリューションである「サイネージ・リレーション」との連携により、大型のディスプレイにてトイレの空き状況を確認できるシステムにしています。

「トイレIoTシステム」の特徴

  1. リアルタイムの空き状況の把握
    トイレの「空き」「使用中」の状況をリアルタイムに表示します。利用者は、空いているトイレを即座に把握できます。
  2. 長時間利用者への警告
    あらかじめ決めた時間を経過すると、「使用中」の色が赤色に変わり、周知します。
  3. フリーテキスト表示
    トイレの設備不具合の情報やメンテナンス情報などをテキストで表示します。また、緊急用フリーテキストも用意しました。
  4.  ログデータ
    トイレの利用状況をログデータとして出力できます。

システム概要図

画面イメージ

 

「トイレIoTシステム」今後の展開

今後はクラウド環境を利用し、利用者のスマートデバイスでトイレの利用状況が把握できるシステムへ開発予定です。

関連URL

トイレIoTシステム
https://www.denen.com/service/toilet-iot/

サイネージ・リレーション
https://www.s-relation.jp/

会社概要

設立:2000年7月
代表者:代表取締役社長 加藤 俊男
住所:東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル7F
事業内容:システムコンサルティングサービス、システム開発
資本金:3,500万
URL:https://www.denen.com/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社電縁
担当:篠
お問い合わせフォーム

前の投稿
最新!工事現場のデジタルサイネージ事情~選び方から活用アイデアまで~
次の投稿
2018年アクセスランキングTOP5

 

メニュー