多言語対応は必須?デジタルサイネージ導入前に知っておきたいポイント

年々増加の一途を辿る訪日外国人旅行者。 多くの外国人が日本を訪れる一方で、彼らが旅行中に困ったこととして、外国語が得意ではない日本人とのコミュニケーションの難しさや、多言語表示の少なさやわかりにくさを挙げています。 その課題を解決するひとつの手段として、多言語表示機能をもつデジタルサイネージの普及が図られています。 実際に街を歩けば、空港や駅、観光地の街角、商業施設などで英語や中国語、韓国語などの…
Read More

インバウンド、オリンピックにより需要増!ホテルのデジタルサイネージの活用事例

街中の様々な場所やシチュエーションで活用されているデジタルサイネージですが、ホテルも例外ではありません。 ホテルはデジタルサイネージの機能を生かすには最適の場所といえ、様々な場面で活躍しています。 ホテル業界の市場規模は、インバウンド需要と2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて堅調に推移しています。 それに伴う設備投資などにより、これから益々デジタルサイネージが必要とされる業界といえ…
Read More

【イメージアップ・観光案内・多言語対応】サイネージのPR事例集Part1

デジタルサイネージは利用目的や使い道に応じてさまざまな活用法に対応します。 これまでの記事では不動産仲介業界を中心にご紹介してきました。 自身の店舗にタッチパネルのディスプレイを取り付けることで、物件情報を一方的に公開するのではなく、通りかかった人が興味のあるものを検索してもらうインタラクティブな形に変えることです。 ところで、他の業界や業種の集客・宣伝の媒体としてどのように使われているかご存知で…
Read More
メニュー