“デジタルサイネージ 顧客” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果
  3. (固定ページ 3)

ディスプレイで見るデジタルサイネージの違い3選!

近ごろよく耳にする「デジタルサイネージ」という用語ですが、それが一体どのようなものかご存知でしょうか?言葉の持つ響きから、なんだか複雑な機械を想像してしまう方も少なくないのではないでしょうか。 デジタルサイネージとはデジタル画面を使った看板のことで、既に私たちの身の回りのあらゆる場面で使われています。 新しい情報メディアとして広まりつつあるため、既に看板の候補として検討している方も多いかもしれませ…

こんなに違う!従来の看板に無いデジタルサイネージの4つの魅力

「デジタルサイネージ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?デジタルサイネージとは、簡単に言えば、デジタル画面を使った看板のことです。 実は身近なところでたくさん使われているデジタルサイネージですが、どういったものなのか、従来の看板と何が違うのか、具体的にはわからないという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、デジタルサイネージの特徴と従来の看板には無かった4つの魅力について、お伝えして…

実は身近なところにも!?デジタルサイネージ応用編

スマートフォンや電子書籍端末による新聞や雑誌のペーパーレス化、電車内広告、ターミナル駅での大型ビジョンなど。 近年、デジタルサイネージがますます注目され、すでにデジタルサイネージは我々の生活には無くてはならないツールになっています。 デジタルサイネージの普及によって、我々の生活はどのように変わってきたのか、また、これからどのようなことが実現されるのかなど、デジタルサイネージの活用方法と今後の展望に…

駐車場でのデジタルサイネージ導入事例

導入事例  デジタルサイネージを導入されたお客様の一覧となります。   駐車場でのデジタルサイネージ導入事例 品川インターシティー 様 機械式立体駐車場の出庫待ちスペースで、リアルタイムの情報を提供している掲示板です。出庫待ちスペース2か所に設置されており、顧客満足度の向上につながっています。 品川インターシティー 様 機械式立体駐車場の出庫待ちスペースで、リアルタイムの情報を提供してい…

デジタルサイネージの集客効果をさらに高める3つのアプローチ

日常でタッチパネル媒体を利用する場面は、駅前の自動販売機や、居酒屋の注文、展示会などでの案内等様々なものがあり、利便性向上に貢献します。 これらに加えて、店舗の商品プロモーションやイメージアップの手段として使うこともできます。 扱う物件情報自体にはあまり差がない不動産仲介業界では、店舗のPRがとても大切で、デジタルサイネージ(電子看板、インフォメーションボード)のようなタッチパネル型広告を用いるこ…

不動産屋の24時間営業も可能にするデジタルサイネージの導入プロセス紹介!

デジタルサイネージ(電子看板)が用いられる業界・業種は多岐にわたります。 例えば、不動産屋において、顧客を獲得するための新たなPR方法として、デジタルサイネージが注目されるようになりました。 不動産屋というと、チラシばかり貼ってあり、陰鬱なイメージを持たれてしまいがちです。 そこに窓ガラスにタッチパネルを取り付けることで、ワンタッチでの不動産物件情報検索が可能となり、映像も流れて切り替わることは顧…

潜在顧客にはディスプレイ広告でアプローチ~集客方法のはじめの一歩~

ディスプレイ広告という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 近年では、駅などに動画を配信する企業も多く出てきていますが、そういった動画などのコンテンツを配信できるのが、いわゆるディスプレイ広告というものです。 これまでの紙媒体での宣伝やテレビCMによる宣伝方法も未だに存在する一方で、ディスプレイ広告のように、近年拡大している宣伝方法もあります。 今回は、ディスプレイ広告の概要やメリット、デメリット、…

駐車場待合室のデジタルサイネージ 品川インターシティマネジメント株式会社様

● 出庫待合室情報掲示板   使用機器 android壁掛けディスプレイ 設置場所 品川インターシティ内出庫待ちスペース 表示内容 リアルタイムの天気予報やニュース 世界遺産の動画 駐車場からのお知らせ etc… 種別 ディスプレイ版 詳細 機械式立体駐車場の出庫待ちスペースで、リアルタイムの情報を提供している掲示板です。 出庫待ちスペース2ヶ所に設置されており、顧客満足度の…

コスト削減も可能に?注目のオープンソースサイネージ5選

Linux、Firefoxをはじめとするオープンソースプロジェクトは、社会を大きく変えています。 ソースが公開されていて世界中の誰もが開発や改良に参加することが可能なオープンソースソフトウェアは、不正や脆弱なプログラムがないか常に確認できるため信頼性が高く、システム間での連携やプラグインの開発・改良などに柔軟に対応できるという特徴を持ちます。 また、ライセンスの費用がかからないためコストが削減でき…
メニュー