“静止画” の検索結果

  1. ホーム
  2. 検索結果
  3. (固定ページ 3)

2020年にはスタンダードに!今さら聞けない4K/8K対応って何?

東京オリンピックの開催に向けて臨場感あふれる映像を一般家庭でも楽しめるように、総務省が4K/8K放送の普及を推進していることについて、みなさんはご存知でしょうか。 4K/8K放送によって、映像がより鮮明に、より立体的になるといわれていますが、その仕組みについては意外と知られていません。 また、4K/8K放送にあわせ、実はディスプレイ側にも大きな変化が起きています。 そこで今回は、2020年にはスタ…

こんなに違う!従来の看板に無いデジタルサイネージの4つの魅力

「デジタルサイネージ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?デジタルサイネージとは、簡単に言えば、デジタル画面を使った看板のことです。 実は身近なところでたくさん使われているデジタルサイネージですが、どういったものなのか、従来の看板と何が違うのか、具体的にはわからないという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、デジタルサイネージの特徴と従来の看板には無かった4つの魅力について、お伝えして…

サイネージリレーションの簡単設定・変更

サイネージリレーションの簡単設定・変更 サイネージリレーションとはどなたでも、どんな所でも簡単に設定することができます。 変更と編集 ログインアカウントIDとパスワードを入力し、ログインしてください。 手順1対象端末の「表示内容設定」にある「編集」ボタンを押します。 手順2対象カテゴリーの「コンテンツ設定」ボタンを押し、対象コンテンツの「編集」ボタンを押します。 手順3「任意データ」より、静止画フ…

【イメージアップ・観光案内・多言語対応】サイネージのPR事例集Part1

デジタルサイネージは利用目的や使い道に応じてさまざまな活用法に対応します。 これまでの記事では不動産仲介業界を中心にご紹介してきました。 自身の店舗にタッチパネルのディスプレイを取り付けることで、物件情報を一方的に公開するのではなく、通りかかった人が興味のあるものを検索してもらうインタラクティブな形に変えることです。 ところで、他の業界や業種の集客・宣伝の媒体としてどのように使われているかご存知で…

活用シーン

活用シーン 現在あらゆる業界、シーン、利用用途でデジタルサイネージは活かされております。多くのお客様へより明確な訴求が行えるデジタルサイネージの代表的な活用シーンを取りまとめましたのでぜひご覧ください。   ▼ 活用シーンをお選びください 店舗販促でデジタルサイネージを活用する場合 お客様へデジタルサイネージを使い、効果的に情報を告知することができます。 縦・横対応はもちろん、外部コンテ…

紙媒体との違い

紙媒体との違い これまでの紙媒体では、タレントやキャラクターなどの「イメージ」と、「訴えたい文章」などを1枚のボードにすべて載せる必要がありましたが、デジタルサイネージであれば、コンテンツを複数に分けて連続的に表示したり、時間帯によってコンテンツを変えるなど、ターゲットに向けて適切なコンテンツをタイムリーに発信し、訴求することができます。 コンテンツの配信方法 デジタルサイネージと従来型広告の一番…

タッチパネル導入のメリットって?不動産の集客アップ事例!

皆さんはデジタルサイネージという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 タッチパネル式の大型ディスプレイで、駅の改札前や不動産屋の前に設置されているものがデジタルサイネージです。 いかに集客効果を高め、売上を伸ばしていくかを考えた時に、デジタルサイネージは一つのツールとして、導入価値があると言えるでしょう。 本記事では、デジタルサイネージの基本的な概要から、導入のメリット、不動産仲介業での導入事例につ…

新世代の集客システムとは!?6つの視点から見るデジタルサイネージと紙媒体の違い

デジタルサイネージとは、商業施設・交通機関・公共施設などの場所で、看板やポスターに代わり、ディスプレイやプロジェクターなどを使って映像や情報を発信する次世代のシステムのことです。 従来の看板では、タレントやキャラクターなどのイメージとともに訴えたい文章などを1枚のボードにすべて載せる必要がありましたが、デジタルサイネージでは、ディスプレイ端末にデジタル化されたコンテンツを表示することが可能です。 …

「不動産やさんのサイネージ」を全面リニューアル ~店舗オリジナルの情報提供による集客支援~

ビジネスコンサルティング・システム開発を行う株式会社電縁(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤俊男、以下電縁)は、2015年9月15日(火)より、タッチパネル式の不動産表示デジタルサイネージシステム「不動産やさんのサイネージ」をリニューアルしました。 また、リニューアル第1弾として、明治地所株式会社(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:櫻井正)が運営する横浜戸塚店に導入いたしました。  …
メニュー